ページ内を移動するためのリンクです。



Ciao a tutti !
Come va?

みなさん、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
日曜「Ciao,Ciao! Dall' Italia!」担当の青池隆明です。


今回はみなさんもよくご存知のフィレンツェです。
フィレンツェは中部イタリアはトスカーナ州の州都。
「花の都」と称され、今もルネッサンス時代の建築物や絵画が残る世界遺産の街。
僕の住む同じトスカーナ州のルッカからは、電車やバスで1時間ちょっとのところです。


こちらはフィレンツェの象徴、ドゥオーモ。
RIMG0056.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアには各都市にドゥオーモがありますが、
やはりここフィレンツェのドゥオーモは別格の美しさ。
何度も見ても、口をあんぐり開けて見入ってしまいます。


 

今回はリストランテでの食事ではなく、
フィレンツェ名物のファストフード「ランプレドットのパニーノ」を
ご紹介したいと思います。


ちなみにファストフードの対立した概念で語られることの多い
スローフードはイタリア北部のピエモンテから生まれた運動。
なので、イタリアというと、丁寧に質の良い素材で作ったマンマの料理を
家族や仲間たちと会話をしながら時間をかけてゆっくり食べる、というイメージが
あるかもしれませんが、ファストフードも決して負けていません。
ピッツァをはじめ、カルツォーネ、フォカッチャ、パニーノ、などなど
世界に誇るお手軽フードもたくさんあります。

 

パニーノといえば、イタリア版のサンドイッチのこと。
チーズや生ハム、サラミなどを挟むことが一般的ですが、
別に何を挟もうが、パンでサンドしていればイタリアではパニーノです。
日本ではパニーニと呼ばれることのほうが多いかもしれませんが、
パニーニ(Panini)とはパニーノ(Panino)の複数形の表記。

 

さて、こちらがそのランプレドット(Lampredotto)のパニーノ。

P3220797.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ランプレドットとはイタリア語で、牛の第4胃袋(ギアラ)のこと。
野菜などと一緒に柔らかく煮たランプレドットを、トスカーナの堅いパンにたっぷり挟み、
パセリのソースと、ペペロンチーノ(唐辛子)のソース、
そしてランプレドットを煮たブロード(だし)をつけて、いただきます。
差し詰め、モツ煮込みバーガーです。

 

パンとモツ。
意外な組み合わせですが、
それほど癖や臭みはなく、逆にモツの旨みがパンに浸みて、
かなりの美味です!
このボリュームでわずか3ユーロ(約360円)。
1個食べれば、お腹いっぱいになります。


フィレンツェでは街の中心でもまた郊外でも
ランプレドット専門のお店や屋台が出ています。
もし近々フィレンツェに旅行、なんて方がいらっしゃいましたら、
ぜひ試してみてくださいね!


さて、最後はこの景色でお別れです。

RIMG2928.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭のドゥオーモをミケランジェロ広場から見た夜景です。
今回はパニーノのお話だけに、
ランプレドットをドゥオーモの写真でサンドしてみました。

くだらなくて、すみません...(苦笑)

 

ではでは、また来週!
Ciao,Ciao!

 


カテゴリー:

タグ:
2009/03/29


Googleへ追加 はてなRSSへ追加  その他のRSSリーダーに登録

このエントリーのトラックバックURL

http://www.menstrend.jp/bin/mt-tb.cgi/15738

このエントリーにコメントを投稿する

コメントを表示する前にmenstrend.jpの承認が必要になります。
承認されるまでコメントは表示されません。





最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

rss
menstrend.jp全体のRSSフィードです。  
伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」250×250

menstrend.jpモバイルサイト

携帯電話で右のバーコードを読み取ると、URLが表示されます。

menstrend.jp編集長 林 正勝的チェック!

☆今週もチェックプリーズ!☆ 3月24日(火)千葉智之 【火曜】人脈ブランディング講座/『優しい人になる』第121週 3月25日(水)小田誠 【水曜日】ハッピ...